話題作の本が無料で読めるアプリ 「ヨムト」を試してみた

読書サービス・アプリ

今回は新しい読書アプリの紹介です。

2019年8月にサービスを開始した読書アプリ「ヨムト」を早速使ってみました。

このアプリをひとことで言うと

毎日1話ずつ、途中まで無料で読める読書アプリ」

ヨムトの特徴

毎日1話ずつ読める!(途中まで)

毎日1話ずつ、無料で本を読むことができます。(ただし、無料で読めるのは途中までです。)

最後に読んだ時間を基準に、23時間後に次の1話分が読めるようになります。

「気になる本があるので試しに読んでみたい」「本にはお金をかけたくない」「スマホでスキマ時間に本を読みたい」という方にはうってつけのアプリです。

また、読書習慣をつけたい方には、無料ですぐに始められるので、入口として優れていると思います。

「続きが気になる!」「23時間も待てない!」という方は、課金すれば待たずに読み進められます。

話題作が読める!

「フーガはユーガ」や「ある男」、「君の肝臓を食べたい」(2019年8月27日現在)など有名どころの本が読めます。

無料でも読みたい本がなければ使いたくないですよね。

どちらかというと、小説が多い印象ですが、ビジネス系もあります。

いろんなジャンルが揃っているのもGoodポイントです。

1話ずつだったら小説の方がむいていそうな気がします。

アプリのインストール

アプリのインストール

Android版とiPhone版があります。リンクはこちら!

Android版

ヨムト - Apps on Google Play
毎日1話ためし読みの読書アプリ、ヨムトです。 表示のきれいな縦書きリーダー、無料ためし読み、コイン決済。アプリならではの機能を取り入れつつ、たくさんの本の中から読み比べて選べる読書の楽しさにこだわりました。 #話題の本が読める 現在10出版社・エージェントの作品を配信中。文芸・エッセイ・ビジネス・ノンフィクション...

iPhone版

‎ヨムト
‎毎日1話ためし読みの読書アプリ、ヨムトです。 表示のきれいな縦書きリーダー、無料ためし読み、コイン決済。アプリならではの機能を取り入れつつ、たくさんの本から読み比べできる読書の楽しみにこだわりました。 #話題の本が読める 現在10出版社・エージェントの作品を配信中。文芸・エッセイ・ビジネス・ノンフィクション・暮...

実際に使ってみた

アプリの起動

アプリのホーム画面はこんな感じ。

気になる本がズラリ。ジャンル別に並んでいるので見やすいですね。

本の詳細画面

読みたい本をタップすると、本の詳細画面が表示されます。最初は5話分とか10話分まとめて読む事ができるようです。

どこまでためし読みできるかは本によりさまざまですが、大体5話か10話分です。

とりあえず、「初めから読む」をタップすると…

本のレイアウト、基本操作

この本は縦書きのようですね。他の本はどうなのでしょうか。

本の基本操作

・画面右側をタップ→右のページへ

・画面左側をタップ→左のページへ

(スワイプでもページ送りができます)

かなりキビキビ動くのでストレスはないです。

・画面まん中をタップ→今、何話を読んでるか、現在の位置を表示(赤で囲った場所)

無料部分が読み進めるとこんな画面が出ます。

「次の話を読む」で更に読み進めるには、ポイントが必要です。

タップするとこんな感じの画面が出ます。

無料で読みたい場合は待つ必要があります。

1日ちょっとずつ読むにはちょうどよい分量でもありますね。

「戻る」で前画面に戻ると、どこまで読み進んだか、あと何時間で続きが読めるかがわかります。(赤で囲った箇所)

探す

あらかじめ検索可能なキーワードが表示されます。検索キーワードを自由に入力できない代わりに楽に本の絞り込みができます。

本棚

読んでいる本の一覧表です。あとどのくらい待てば次が読めるかわかります。

見ての通り、23時間の待ち時間は本毎に独立してます。これなら同時に何冊も読めますね。

マイページ

見てわかる通り、登録しなくても使えます。これは楽でいいですね。

課金の画面です。1コイン1円です。

ものによりますが、一冊全部いっぺんに読もうとすると、大体800コイン~3000コインかかります。

まとめ

・Android、iPhoneアプリで読める読書アプリ

・最後に読んだ時点から23時間後に新たに1話読めるようになる

・23時間の待ち時間は本単位。複数冊同時に読書可能

・話題作が読める

・課金すれば一気読み可能

・無料のためし読みは途中まで

いかがでしたでしょうか。私もまだインストールしたばかりなのでこれから使っていきます。

コメント